googleマップ連動しました。
木曽路&伊那路をさがす 登録サイト募集中(掲載無料)です。
オンライン登録はこちらから ★FAX登録用紙ダウンロードはこちら

みこしまくりFAQ

大晦日の夜からから元旦にかけての大かがり火は、解体された神輿が焚かれています。初詣の折、この火にあたると、その一年間無病息災間違いないといわれています。
かがり火の焚かれる時間は、大晦日の11時30分から元旦の夜くらいだそうです。
その年の神輿の壊れ方によって多少異なるようですが、壊れ方が激しい年でも元旦の夕方くらいまではあるそうです。

あばれみこし(北条市)石段の上から御輿を落し、出てきた御神体を若者が奪いあいます。
灘の喧嘩祭り(姫路市)御輿を激しくぶつけ合いながら壊します。
あばれみこし(長野県宮田村「祇園祭」)神社の高い石段の上から投げ落として、神輿を完全に破壊します。

どうしても神輿をまくったり、担ぎたい人は水無神社社務所へお尋ねください。
(TEL 0264-22-2009)

(ほかにこんな参加の仕方が・・・)
・赤ちゃんがいるのであれば「心願」で参加て見ましょう。
・お守りになる「神輿の破片」を手に入れてみましょう。
・神輿をまくるときは、観客も口々に「ソースケ・コースケ」と言って、枠持ちを励まして、枠持と一体になりましょう。
・22日の夜には納涼花火大会を見ましょう。
・屋台の並ぶ町に繰り出しましょう。

みこしまくりは、7月23日の夜8時頃から木曽町役場福島支所周辺で行なわれます。クライマックスは夜半に入って広小路に移ります。