googleマップ連動しました。
木曽路&伊那路をさがす 登録サイト募集中(掲載無料)です。
オンライン登録はこちらから ★FAX登録用紙ダウンロードはこちら

みこしまくりのようす

7月22日

  • 7月22日朝9時、水無神社本殿では、早神楽のあと宮司によって本殿から御神体が出御されます。
  • 神様は惣助(そうすけ)・幸助(こうすけ)と呼ばれる2人の精進(しょうじん)に授けられ、真新しい白木の神輿(みこし)に乗せられます。
  • みこしは枠持(わくもち)と呼ばれる担ぎ手により担がれ、いよいよ二日間にわたる巡行が始まります。
  • 要所々々で「おみこしゃわが身を橋にうちかけてしんとろとろとせ」とうたい、歌い終わると「ソースケ・コースケ」のかけ声でみこしを激しくゆすります。
  • この日は町の西半分をまわります。


行列

  • 行列神輿の行列は猿田彦(天狗様)が先導します。
  • 一本歯の下駄に赤いお面、大薙刀を手にした天狗様は、町内の各地区の入口に張られたしめ縄を、薙刀で切って行きます。
  • 白丁姿で五色布をつけたショヨギをかついだ「ショヨギ持ち」(小学校高学年の子供)が従っていきます。
  • 神輿の渡御を告げるふれ太鼓、のぼり、賽銭箱、その後ろに「だんじり(山車)」、そして神輿、その後は、笛、太鼓、台傘、鉾、旗、大刀、飾弓矢などの威儀物、最後に「大神さま」と数名の神職、それに神馬が従います。


心願

  • 心願巡行の途中、赤ちゃんのいる家では、「心願をお願いします」と言って、赤ちゃんを惣助・幸助に抱いてもらって神輿の下をくぐらせる、このお祭独特のお参りの仕方です。
  • 赤ちゃんの丈夫な発育を願い、「ソースケ・コースケ」の掛け声とともに神輿を激しく揺すります。


7月23日

  • 午後から、「御旅所」を出発し、再び町を練り歩いて、町内の東半分をまわり、昔の関所跡を通り町境近くの「鴨居(かもい)坂」へと向かいます。
  • 夕方、飛騨街道の見える町外れの「鴨居坂」へくると「ソースケ・コースケ」のかけ声もろとも、神輿を路上に投げ落とし、神輿を横に転がす、最初の横まくりを行います。
  • その後一旦「御旅所」に戻り、神輿まくりの時を待ちます。


みこしまくり

  • 7月23日夜になると祭りはいよいよクライマックス! 神輿は「御旅所」を出発し、町に出て「ソースケ・コースケ」の掛声で、路上をもみあい、押し合い、横に転がす「横まくり」、縦に立てては倒す「縦まくり」を繰り返します。
  • 圧巻は、深夜になって連続して行われる「縦まくり」です。
  • 長さ約5mの角材2本をもとに組立てられた、ずっしりと太長いかつぎ棒が「ソースケ・コースケ」のかけ声とともに突っ立てられ、直立したと思ったその瞬間、地響きをたて山にこだまし路上に倒れる荒業は、森林王国木曽でなくては味わえない豪快なものです。
  • その後、もうこれ以上まくると神社まで神輿を戻せないというところで、最後の縦まくりをして神輿は神社へ帰ります。


まつりのあと

  • まつりのあとまくった際に剥がれた神輿の断片はお守りになります。
  • 神社へ戻った神輿は、翌年のお祭りの1週間程前まで保管され、解体の後、お正月にお宮のかがり火として使われます。


資料提供:水交会