googleマップ連動しました。
木曽路&伊那路をさがす 登録サイト募集中(掲載無料)です。
オンライン登録はこちらから ★FAX登録用紙ダウンロードはこちら

第34次 奈良井宿(ならいじゅく)木曽街道六拾九次之内 第参拾四次
奈良井宿(ならいじゅく)

歌川広重-木曽街道六拾九次-奈良井平成17年、平成の大合併により塩尻市となった。奈良井宿は木曽十一宿の中で一番標高が高く、当時、難所であった鳥居峠を越えるため、多くの旅人がここで一晩を過ごし大変栄えた宿場町であった。重要伝統的建造物群保存地区として、現在も、当時の町並みが保存されている。また、追っ手(敵)が走行しにくいよう、道を鍵の形に曲げた「鍵の手」とよばれる道もそのまま残されている。隣地区の木曽平沢と並び「木曽漆器」の名産地でもある。毎年6月第1土曜日と日曜日、木曽平沢・奈良井では「木曽漆器祭」が催されており、多くの観光客で賑わっている。

江戸より:64里22町41間(253.8Km) 京より:71里10町51間(280Km)
(浮世絵画像提供:木曽路美術館

名跡

奈良井宿マップ保存された街並

  • 出梁、千本格子、しとみ戸などまちなみが江戸時代のままに保存されている。

中村邸(市指定有形文化財)

  • 漆問屋、中村家の邸宅で、典型的な出梁つくりの様式をとどめた、天保年間の建築である。「猿頭」と呼ばれる鎧庇を有している。現在は民族資料館になっている。

二百地蔵

  • 奈良井の八幡神社の裏手にまつられている。

マリア地蔵

  • 大宝寺境内にある、隠れキリシタン信仰の名残。

鍵の手

  • 他の宿場で言う「枡形」と同じで、奈良井では「鍵の手」と呼ぶ。外敵の走行を妨げる目的で、直線ではなく敢えて道を曲げてある。

大宝寺

  • 境内にある、隠れキリシタン信仰の名残。 抱かれている子が手にしてる蓮の花が十字架を連想させる。

特産品

  • そば/五平餅/地酒(杉ノ森)/漆器製品/おやき

木曽街道膝栗毛

木曽街道膝栗毛 その10 鳥居峠を越して奈良井宿にて
その11 奈良井宿「能楽寺」の事(PDF 319KB)

作:十辺舎一九 現代語訳:奥原修(木曽郡木祖村)

プロフィール

現住所表記 長野県塩尻市奈良井 ☆最寄駅 JR中央本線 奈良井駅
観光協会連絡先 〒399-0786 長野県塩尻市大門七番町3-3 TEL 0263-52-1548
観光協会HP http://www.city.shiojiri.nagano.jp/kanko/
宿場町並 あり