googleマップ連動しました。
木曽路&伊那路をさがす 登録サイト募集中(掲載無料)です。
オンライン登録はこちらから ★FAX登録用紙ダウンロードはこちら

第41次 三留野宿(みどのじゅく)木曽街道六拾九次之内 第四拾壱次
三留野宿(みどのじゅく)

歌川広重-木曽街道六拾九次-三留野南木曽駅から少し北寄りにある三留野宿。宿場はほとんど残っていないが、三留野宿本陣跡にある大きな枝垂れ梅の木は当時の面影を残している。明治時代の大火により、町の中心は駅周辺に移った。国道19号線沿いから木曽川をまたぐ大きな吊橋「桃介橋」は、「桃の橋」と呼ばれ、水力発電に力をそそいだ大同電力(現関西電力)社長福沢桃介が大正時代に架けた吊橋である。老朽化が進んだため近代化遺産として、近年修復作業をした。近くには福沢桃介記念館、読書(よみかき)発電所(国重要文化財)などがある。南木曽町は旧読書村で、読書のよみかきの名は、与川(よがわ)の[よ]  三留野(みどの)の[み]  柿其(かきぞれ)の[かき]  からつけられたという。

江戸より:79里24町28間(312.9Km) 京より:56里9町3.8間(220.9Km)
(浮世絵画像提供:木曽路美術館


名跡

桃介橋

  • 三留野宿マップ日本で最大そして最古の木造吊橋。
    木曽川水系の豊富で安定した水量に目をつけ、木曽川の水力発電に心血を注いだ福沢桃介が、1922(大正11)年9月、読書発電所建設の資材運搬のために架設。

天白公園(ミツバツツジ)

  • 桃介橋、福沢桃介館、山の歴史館などの施設がある公園。南木曽町でしか見られない「ミツバツツジ」の群生地で、花の盛りは見物人で大変賑わう。 5月初旬が見頃。

特産品

  • そば/五平餅/ろくろ細工/絵箸/和紙/桶/和紙製品/赤たつ漬/クマササ茶/みそ/地ビール/川魚甘露煮

プロフィール

現住所表記 長野県木曽郡南木曽町読書 ☆最寄駅 JR中央本線 南木曽駅
観光協会連絡先 〒399-5301 長野県木曽郡南木曽町読書3668-1 TEL 0264-57-2727
観光協会HP http://www.town.nagiso.nagano.jp/kankou/